二日酔いの朝を劇的に変える!糖質制限ダイエットのうれしい誤算。

 

あきばん

どうも! あきばん@AkiBan10です 

 

2019年も残りわずかですが、今年はホッピーにドはまりして居酒屋でも自宅でも飲みまくりました。

 

お気に入りの居酒屋や、自宅での晩酌ショットはブログやTwitterで公開しているので、見てみてください。

 

そんな楽しく美味しいお酒の後に必ず襲って来るのが「〆の魔力」

 

ラーメン、そば、雑炊、牛丼など、何故かとてつもない誘惑が襲います。

 

しかし、必ずと言っていいほど翌朝襲いかかるのが二日酔い!!

 

皆さんにも経験はありませんか?

 

楽しく飲んだ翌日が仕事だったり、

家族サービスで朝からお出掛けだったり、

 

頭痛と胃の消化不良で苦しんだこと。。。

 

 

二日酔いの原因は〆で食べた糖質です。

 

※ うちの娘です。

 

わたしがこれに気づきたのは糖質制限ダイエットをしていた3年ほど前です。

 

当時ラーメンを1日2色食べるとかバカやっていた時に、健康診断で複数項目を指摘されて死の危険性を感じたときです。

 

 

当時、偶然書店で見つけて立ち読みした本が「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」です。

 

ここに書かれていたのが、糖質制限によって二日酔いがなくなった話でした。

 

興味本位でしたが、実際飲み会の最後に必ず食べていたラーメンをやめたんです。

そうしたら、ものの見事に二日酔いしなくなり、爽やかな目覚めが待っていたんです

※勿論飲みすぎると酒が残って頭痛に悩まされますが、笑

 

加えて、糖質制限ダイエットで10キロ痩せ、健康診断で指摘されていた尿酸値、脂質異常、血圧の全てが正常値に戻りました。

 

糖質制限ダイエットがもたらしたうれしい誤算。

 

 

 

これから少し汚い話になりますが、皆さんは終電間際の駅のホームで酔っ払いが吐いたゲロを見たことありますか?

※汚い話でホントすいません。

 

思い切ってゲロを観察してみてほしいんですが、中身は決まって米粒や麺類類など、いわゆる糖質です。

 

さっきまで食べていた焼き鳥や唐揚げの姿はほとんどありません。

 

お肉や魚は胃の中からすぐに姿を消すのに、〆で食べたラーメンや雑炊は(糖質)は胃の中にいつまでも居座続けるんです。

 

これが、二日酔いで胃が気持ち悪い原因なんです!

 

 

肉や魚が30分後には胃から姿を消すのに対し、「〆の雑炊」や「〆のラーメン」は数時間胃の中に居座りつづけ、胃酸を出し続けます。

 

そして、翌朝目覚めたころには逆流性胃腸炎のような胃もたれと、胃の不快感で最悪の朝が待ています

 

食べ物が胃に滞留してる時間を医学的には胃滞留時間と呼ぶそうです。

 

30分程度で胃を通過する肉や魚に比べ、炭水化物は圧倒的に長いんです。

 

こいつらが楽しい、美味しいお酒を飲んだ翌日に襲いかかる二日酔いの原因の一つだったんですね。

 

まとめ。

 

たのしい、おいしい、お酒の後に〆の雑炊やラーメンをやめると、二日酔いの胃の不快感を解消するだけではなく、

 

糖質を制限することでダイエットにもなり、2つもうれしいことがあります。

 

糖質制限ダイエットに興味がある人はぜひ、

 

「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」を読んでみてください。

 

めっちゃモチベーションアップになります!!

 

「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」は、

今ならKindle Unlimitedで30日間無料で読めます

 

下のリンクから確認してみてください。

★ 無料体験を利用する手順も載せておきます。

  1. 無料体験へ申し込むには、Kindle Unlimitedページ(※下のボタン)にアクセスします。
  2. 30日間の無料体験を始めるをクリックします。
  3. Amazonアカウントにサインインしていない場合、サインインします。アカウントをお持ちでない場合は、作成します。
  4. 画面の指示に沿って、登録を進めます。

 

無料期間だけ利用して退会してもOKです。

※無料期間中にキャンセルをする方法は、Kindle Unlimitedの会員登録の管理とキャンセルをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です