一番読まれている記事:30代 男のミニマルバックはこちら!

HINGE(レビュー)|最高のアイディアを生むミニマルアイテムで0秒思考を快適に

 

どーも、あきばん@AkiBan10)です。

 

人の記憶力なんてたかが知れてます

 

アイディアは突然やってくる。

その瞬間を逃さないためのベストアイテムをシェアします。

 

このアイテムは、あなたのアイディアや思考を具体化します。

直感的に書きなぐれる、ノイズのないデザインが至高です。

 

機能的でミニマルなデザインが、20代、30代の少し意識高めな男子に突き刺さるアイテムです。

 

 

HINGE(ヒンジ)とは?(写真多)

 

HINGE(ヒンジ)はA4サイズの二つ折りバインダーです。

クリップ付きのペンが装着でき、A4サイズのコピー用紙を20枚程度挟み込めます。

 

思いついたら開くだけで、ものの1秒で書きはじめられる。

それがHINGE(ヒンジ)です。

 

そして、なんといっても男心をくすぐるのは、ノイズのないミニマルなデザイン。

「ミニマルなのに機能的」この言葉で大体のこだわり男子は心をくすぐられます。

 

それでは、見ていきましょう。

 

こちらが外観です。全く余計なものがありません。

 

お好きなペンのクリップ部分をHINGE(ヒンジ)の内側に差し込みます。

 

ペンのキャップをHINGE(ヒンジ)に着けたまま使えます。

 

思いついたらすぐ書ける、それがHINGE(ヒンジ)です。

 

紙はA4のコピー用紙を挟みこむ形式、常時10枚程度挟んでいます。

 

背面には、ストックの用紙や、書き終わった用紙を保管できます。

 

 

HINGE(ヒンジ)は「0秒思考」と相性抜群

 

 

わたしは、毎日たくさんのメモを書きます。

本職のことや、ブロブのこと、TODOリストまで様々です。

 

正直、思考の整理が得意とは言えないので、なるべく言語化して思考を整理することにしています。

 

そんなわたしが実践しているのが「0秒思考」という方法です。

 

「0秒思考」の著者、赤羽雄二さんは14年間もマッキンゼーで活躍されたすごい方です。

 

0秒思考について簡単にふれておきます。

 

0秒思考とは何か

 

0秒思考とは、A4のコピー用紙に60秒で考えていること、悩み、現在の課題、問題解決などを箇条書きにします。

すると、思考スピードが速くなり、0秒で現状を認識し、課題を整理をし、解決策を考え、意思決定ができるようになるというものです。

 

自分の頭の中でモヤモヤしていることを言語化することで、思考の整理にとても役立ちます。

 

 

0秒思考を快適に実践するベストアイテムはHINGE(ヒンジ)とVコーン

 

0秒思考に使うのは以下の3つです。

0秒思考に必要なアイテム
■ A4のコピー用紙
■ ペン
■ タイマー

これだけです。

 

0秒思考の著者赤羽さんは、1日に10枚のメモ書き(0秒思考)が理想と提唱しています。

 

0秒思考では、多くのA4コピー用紙を素早く取り出せて、バインダーの役目を果たすHINGEがベストアイテムなんです。

 

そしてHINGEと併せておすすめしたいのが、パイロットのVコーンです。

 

0秒思考は60秒という短い時間で多くの思考を書き出します。

このVコーンは直液式の水性ボールペンで最後まで途切れることなく滑らかにペンが走ります

 

▼ 衝撃的に書きやすいペン ▼

 

メモを書き続けるメリット

 

メリットは以下の通りです。

ここがポイント!
■ アイディアが出やすくなる

■ 思考スピードが速くなる
■ 思考の整理ができる

■ 頭がすっきりする

■ ストレスが減少する

 

まとめ|HINGE(ヒンジ)はアイディアを具体化するミニマルアイテム

 

いかがでしたでしょうか?

 

皆さんもHINGE(ヒンジ)を使って思考を整理し、最高のアイディアを生み出してみませんか?

 

わたしも、メモを習慣化してから思考の整理ができるようになりました。

やはり、インプットも大事ですがアウトプットも大事ですね。

 

ではでは、、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です