一番読まれている記事:30代 男のミニマルバックはこちら!

ホッピー1年目の教科書|糖質ゼロで低カロリー!割り方や種類などこれ見とけばOK

 

飲み会で生ビール縛りが終わり、ハイボールやサワーが注文をにぎわすさなか、ぶれることなく毎回ホッピーを飲んでいると、意外と多くの人に「ホッピーって美味しいんですか?」とか、「ホッピーてなんすっかっ!?」みたいな質問をされます。

 

確かに、ホッピーって好きな人は狂ったようにリピートしてるけど、なじみのない人からすれば謎の飲み物ですよね。

 

筆者は、ホッピー信者の一人です。

仕事で九州に滞在していたころは、どこを探してもホッピーにたどり着けず、寂しい思いをしていました。

▼ 四ツ谷荒木町の「まことや」さん、おすすめです ▼

 

このページに検索からたどり着いた人は、おそらくホッピーに対して冒頭の人と同じような疑問をもって当ページに入り込んだはず。

 

そんなあなたに、安くてうまいホッピーに興味を持っていただけたら幸いです

 

 

ホッピーってなに?

 

まだ、ビールが高価な飲み物だった戦後に、ビール風味の飲料としてコクカ飲料(現:ホッピービバレッジ)によって開発されたビアテイストの焼酎割飲料です。

 

焼酎の割合や種類を変えることで、自分好みの味に調整でき、そのまま飲めば低アルコール飲料にもなります。

この様に、様々な飲み方が楽しめるところも人気の秘密。

 

ホッピーの原材料を解説します!

 

ホッピーはビールと同じ原材料、製造工場で作られています。

 

麦芽はドイツ産の二条大麦アレキシスを使用し、ホップは世界最高級のドイツハラタウ産、酵母はミュンヘンの酵母銀行から選ばれたポッピーに最適な下画発行酵母を使用し、秩父山系の天然水にホッピー社独自の秘伝ノウハウで仕込みを醸造しています。

 

ホッピーはプリン体ゼロ、低カロリー、低糖質の3拍子がそろった健康飲料なんです!

 

ホッピーのプリン体

 

プリン体はゼロ!プリン体はタンパク質が変化してできるアルコールのうまみ成分です。プリン体を多く摂り過ぎると、体内の尿酸値が上がり、関節を痛めたり、痛風になりやすくなります。また尿路結石の原因にもなるといわれています。

 

プリン体ゼロのホッピーはこのような心配はありません。

 

ホッピーのカロリー

 

カロリーは100mlあたり約11キロカロリーと、ビールの約1/4です。

 

ホッピーの糖質

 

ホッピーの糖質は、ビールの約半分です!(100mlあたり1.7グラム)

 

おまけに、ホッピーの酵母にはビタミンB1・B2・ニコチン酸・葉酸・必須アミノ酸・ミネラルなどが含まれ新陳代謝を促進するという、いいことづくめの飲料なのです!

 

ホッピーの種類

 

▲うえの黄色いやつはホッピー330っていって、ちょっとパッケージがイマイチですが、中身は居酒屋さんで出てくるものと一緒です。

 

ホッピー(白)

 

 

いわゆる一番基本のホッピー。

筆者がこよなく愛する飲み物です。スッキリしたのど越しと、爽やかな苦みがドはまり間違いなし。

 

塩っ気の利いたやくとんと一緒に、ゴクゴク飲めます!

 

 

黒ホッピー

 

繊細な日本人の口に合う黒は絶対これ!

4種の麦芽をブレンドしたほどよい香ばしさと、甘味と苦みのバランスが絶妙です。

 

 

55ホッピー

 

ちょっとマニアックですが、週末に酒屋さんで買って自宅で楽しんでいます。

 

麦芽を100%使用しているので、まろやかなのど越しになっています。海洋深層水を一部使用しているため、ミネラルが従来の2倍となっていて、ちょっとリッチなポッピーです。

ラベルが赤いことから赤ホッピーと呼ばれることもあります。

 

 

ホッピーの飲み方(割り方)

 

筆者は、Twitterでよくホッピーの写真を投稿しています。大体隣には焼酎と氷が入ったジョッキが写っています。大体の居酒屋ではこのスタイルで提供されます。

 

ただ、ホッピーは天然水を原材料としている飲み物。できれば氷を入れて薄めてしまうのは避けたいところ。

 

3冷と言って、ホッピー、焼酎をよく冷やしてジョッキは凍らせるやり方。この飲み方が基本的におすすめです。

甲類25度の焼酎を100cc程度ジョッキに注ぎ、キンキンに冷えたホッピーをジョッキに注ぐと、アルコール度数はちょうど

 

のど越し爽やかにグイグイ飲めちゃいます。

 

慣れてきたら、キンキンに冷えたキンミヤ焼酎をシャーベット状の、いわゆる「シャリキン」というやつで飲むと、さらに最高ですよ。

 

まとめ:ホッピーは安くてうまい健康飲料

いかがでしたでしょうか?

筆者が、ビールからホッピーに移行したのは健康診断でメタボを指摘されてからです。

 

当時は、プリン体ゼロが目的で飲み始めましたが、その美味しさと、手軽なお値段に、すっかりホッピーの魅力に取りつかれてしまいました。

 

ぜひ皆さんもホッピー信者になってくださいね!

関東以外の人も、Amazonとか楽天でお試しセットがホッピージョッキ付きで買えるので、ぜひ飲んでみてね。

 

▼下にリンク張っときます▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です